色々な問題を抱えてるパチンコ業界!規制・等価禁止・強制撤去・一般入賞口問題などこれからを考えます。

新たな規制と等価禁止や強制撤去?揺れるパチンコ業界

更新:


パチンコ副収入のすすめ

9/22 会員期限のご連絡について 9/20 実践日記 PAウルトラセブン2甘デジとのバトル 9/18 PAウルトラセブン2 A6 スペック修正

新たな規制と等価禁止や一般入賞口問題・強制撤去の噂などパチンコ業界の現状

パチンコ機種への新たな規制が決まったようです。
数回に分けて最終的に来年5月から設置する機種は、大当り確率下限1/320・確変継続率65%以下・ベース30以上(100玉打ち出しで賞球30玉以上)となるようです。
情報元・遊技日本

大当り確率は11月からのMAX規制と同じですが、確変継続率65%以下とベース30以上と大きな変更です。
確変継続率65%に時短100回による連チャンを含めれば約74.4%(時短100回がOKかは?)
ベース30以上これは、一般入賞口へ入れろ!との警察の意向を反映した形で検査状態のままで店へ納品する&確実にベース30以上になるゲージ構成を求めるようです。
噂では新台設置検査時にメーカーの人間が「検査状態と同じ」これを確認するようになるかも?知れません。
それだけ本気ってことでしょうね。

東京都の等価禁止については確定情報はまだ分からないですが、11月スタートで大筋合意している模様。
全てのパチンコ店が一斉に行えるか?は疑問ですが・・・・・。
噂では貯玉使用制限や一般入賞口への入賞の強化もセットで行われるとの話もあります。

強制撤去・・・MAX機種の中でも射幸性の高い機種の一覧が優先撤去対象機種として流布しているようです。
ここから強制撤去が行われると言う噂になったと思われます、実際には強制での撤去は行われないと考えています。

全日遊連では、新基準に該当しない機種の設置台数比率を平成28年12月1日までにパチンコ30%・パチスロ50% 平成29年12月1日までにパチンコ20%・パチスロ30%とスケジュールを発表しています。
このペースで撤去は、進むのでしょうね。

これらに全てに影響しているのは「一般入賞口へ入れろ!」「射幸性を抑えた機種を!」と警察が言っているにも関わらず、実際には全く進んでいない事が原因でしょう。
一般入賞口の検査が始まって3か月弱ですが、全く入れる気のない状況
MAX規制で減るハズのMAX機種が駆け込み需要で実際には増えている現状
このままだとお上の逆鱗に触れるのは目に見えているので対策を取ったってことじゃないでしょうかねぇ。

打ち手にとって気になるのは「良くなるのか?」「より勝てるようになるのか?」ですよね。
始まってみないと分からないですが「ベース30以上」これで大きく印象が変わると思います。

ベース30とは1分間(打ち込み100玉)に30個の払い出しがあると言う意味です。
20回/K・ヘソ賞球3個の台で千円分(250個)と賞球分(60個)を使い一般入賞口(賞球10)ゼロだとベース19.35(総打ち込み玉数310個)
一般入賞口(賞球10)5個でベース30.56(総打ち込み玉数360個)となります。
同じ20回/Kで比較するとベースが高い方が、打ち込み個数が多いのに同じ回転率=回らない釘 となっちゃいますね。
ヘソ賞球7個などの機種と同じような印象になると思います。

回らない・消化が遅い印象はマイナス要素なのでココを改善した機種として出てくるのでれば、時間当たりの投資スピードは下がるので一般受けする気はします。
勝ち方を知ってる人にとっては投資スピードの高さよりも期待値が出やすい機種を望みますが、その意味ではプラス要素は少ないでしょう。

勝ち方を知ってる人にとって有利となるのは、東京都のように等価禁止・貯玉使用制限などが行われた場合に「長時間打てるメリット」「立ち回りの工夫の効果大」などが有りそうです。
どれだけ交換率を下げるか?でも違ってきますが、新たなチャンスは有るような気がしています。(期待込)

年々パチンコ人口が少なくなっている現状では、今回の規制は業界が変わる大きなチャンスだと考えています。
射幸性の高いギャンブル要素で集客するのは、事実上ムリになります。次の集客の方法は何だろう・・・・・
その答え次第で復活!への道となるか!?更に衰退への道へ加速するのか!?が決まりそうです。
これから半年一年は、パチンコ激動の時期となるでしょうね。

【関連記事】
パチンコ風営法改正のパブリックコメント開始 改正案でパチンコ機はどうなるのか?



コメント

« 前へ 116 17 18


  • 511
    けい

    そもそも何故CR機だけ生き残ったのかという時点まで遡ると議員の誰が一番美味しい蜜を吸ったのか見えてきますよね!
    たしかに現金機での脱税が多くてその対策として表向きは納得いくのですが
    カジノ構想が浮かんできたら今度はそっち(^_^;)


  • 512
    匿名人

    510>アッシュさん
    換金合法化は個人経営の賭博場を政府が認めることになりませんか?

    いささか疑問です。

    規則も抜け道を用意されているのか、ミスなのか、分かりませんね。

    規則をトータル積の形で厳しくしても作っているのが警察関係の方でしょうからまた同じことになる可能性もありますよ。

    三店方式も事実上、賭博に近い形で運営されています。

    ならば特殊景品は古美術品と同じ価値のある、お金替えられるものとして規制してはどうでしょう?

    特殊景品規制法を作り、特殊景品の交換には1日5万円までしか換金できないとすればいいのではないでしょうか?
    交換の際にはマイナンバーカードを必要として、電磁的記録をとり1日1人5万円を守らせます。

    こうすれば、パチンコ依存症のお客が使う金額も5万円以下に抑えることができます。
    また誰が依存症になっているのか、なりそうなのかもデータを集計すれば分かります。

    5万円を超えた出玉については貯玉もしくは一般景品に交換するとすればよいと思います。


  • 513
    アッシュ

    換金を合法化すると個人(法人)のギャンブルを認めることになります。

    カジノも同じですが、運営会社を厳しくチェックする仕組みが出来るようです。
    換金合法化する際には、パチンコ店の運営会社のチェックを行い基準に満たない所は排除する・・・
    これくらいしないと認められないと思います。

    警察が力を持っているのは、規制を作る&取り締まるの両方の権限を持っているので圧倒的ですね。
    この仕組みを変えないと・・・ですが、換金合法化よりもハードルは高いかも知れません。

    >特殊景品は古美術品と同じ価値のある、お金替えられるものとして規制してはどうでしょう?

    東京では金ですので、そのようになっていますね。
    ですが、根本の解決にはならないと思います。

    >特殊景品規制法を作り、特殊景品の交換には1日5万円までしか換金できないとすればいいのではないでしょうか?

    これは、換金合法化となります。
    まずは、運営元を厳しくチェックする体制が有ってからと思います。

    5万円上限としても貯玉して明日に交換できるなら、意味ないでしょう。
    5万円×30日で150万も交換できますからね。


  • 514
    パチンコファン

    換金合法化や換金規制に話が飛んでいますが、今回の規制は以前よりも厳しくなっています。
    連チャン性よりも短時間で多量の出玉を獲得することがパチンコ依存症につながると考えています。
    短時間で多量の出玉獲得はカジノと同じになってしまうということです。パチンコはあくまでも遊び、
    時間をかけることでお客にゆっくり楽しんでもらえればと考えてのことだと思います。

    ゆえに連チャンしても1時間当たりの獲得出玉を2.2倍以下に抑えることで良しとしているのです。
    大当たり1回の出玉500個ぐらいならば10連チャンしても5000個の出玉で2.2倍以内です。

    だからと言って無限に連チャンしてもよいと言っているのではなく、4時間の規則1.5倍以下、10時間の4/3倍以下で制限が設けられています。(以前は1時間や4時間の規制はなく、10時間は2倍以下)

    お客は前よりも短時間に多量の出玉を獲得できなくなり、その上時間もかかって長く遊技しなければいけません。パチプロの方にとってはマイナスですが、暇つぶしのお客にはプラスです。

    確変65%の撤廃が抜け道と思われている人も4時間規則1.5倍以下、10時間規則4/3以下があることで厳しくなっていることをもう一度確認してください。

    参考動画の件ですが動画1,2は共産党がパチンコ依存症の家族や反パチ主義者から一票を得るための策、政治的パフォーマンスのような気がします。
    動画3,4はこの人物は昔、パチンコ関係の仕事に就いていて、自身がパチンコ・パチスロ依存症になった恨みというか憎しみというようなものが入り交ざって過激な反応しているように感じます。


  • 515
    タケオ

    495>のところで以前の基準
    ・確変割合65%の平均大当たり回数は計算上2.86回です。
    ・確変割合80%の平均大当たり回数は計算上5.00回です。
    確変65%の1回の大当たり出玉は2400個、確変80%は1500個とし、
    確変を引いた時の出玉はそれぞれ
    ・確変65%平均出玉:2.86×2400=6864個
    ・確変80%平均出玉:5.00×1500=7500個
    になり、獲得される出玉は確変80%の方が多いことが分かっており、新基準の方が過激になっています。

    これは日工組が確変リミッターを設けるなど自主規制をすれば、以前の基準にもどす事ができるのです。
    何も換金規制とかする必要はありません。(私の知り合いは今後の結果が悪ければ可能性としてあると言っただけです。)
    自主規制で解決です。


  • 516
    パチンコファン

    トータル積(1回の大当たり出玉×確変継続率)などの技術上の規則の変更はすぐにはできないと思います。
    パチンコ依存症患者の発生が統計上悪くなっているか、もしくは同じで変わらないか、それに加えて
    マスコミや世論の強いバッシング批判がない限り、無理でしょう。警察だって面子やプライドあるもの。

    すぐにできるのはパチンコ業界(日工組)の自主規制だが、確変65%の撤廃が以前よりも連チャン性のある
    機種を多く生み出してお客がのめり込んでいるという事実がない限りは、確変リミッター制限も無視でしょう。

    参考動画も鵜呑みにせず冷静に判断しましょう。

« 前へ 116 17 18


コメントを投稿

画像を投稿する (JPG.JPEG,GIF,PNG)


コメントは承認制です。管理人確認後に公開されます。
※書き込み内容や荒い言葉など問題がある場合には、承認しませんのでご理解お願いします。