色々な問題を抱えてるパチンコ業界!規制・等価禁止・強制撤去・一般入賞口問題などこれからを考えます。

新たな規制と等価禁止や強制撤去?揺れるパチンコ業界

更新:


パチンコ副収入のすすめ

3/10 エヴァ13超覚醒M・あしたのジョーFC スペック修正 1/27 CRノルソル V入賞個数ver追加&スペック修正 1/15 稼働データベースにダウンロード機能追加

新たな規制と等価禁止や一般入賞口問題・強制撤去の噂などパチンコ業界の現状

パチンコ機種への新たな規制が決まったようです。
数回に分けて最終的に来年5月から設置する機種は、大当り確率下限1/320・確変継続率65%以下・ベース30以上(100玉打ち出しで賞球30玉以上)となるようです。
情報元・遊技日本

大当り確率は11月からのMAX規制と同じですが、確変継続率65%以下とベース30以上と大きな変更です。
確変継続率65%に時短100回による連チャンを含めれば約74.4%(時短100回がOKかは?)
ベース30以上これは、一般入賞口へ入れろ!との警察の意向を反映した形で検査状態のままで店へ納品する&確実にベース30以上になるゲージ構成を求めるようです。
噂では新台設置検査時にメーカーの人間が「検査状態と同じ」これを確認するようになるかも?知れません。
それだけ本気ってことでしょうね。

東京都の等価禁止については確定情報はまだ分からないですが、11月スタートで大筋合意している模様。
全てのパチンコ店が一斉に行えるか?は疑問ですが・・・・・。
噂では貯玉使用制限や一般入賞口への入賞の強化もセットで行われるとの話もあります。

強制撤去・・・MAX機種の中でも射幸性の高い機種の一覧が優先撤去対象機種として流布しているようです。
ここから強制撤去が行われると言う噂になったと思われます、実際には強制での撤去は行われないと考えています。

全日遊連では、新基準に該当しない機種の設置台数比率を平成28年12月1日までにパチンコ30%・パチスロ50% 平成29年12月1日までにパチンコ20%・パチスロ30%とスケジュールを発表しています。
このペースで撤去は、進むのでしょうね。

これらに全てに影響しているのは「一般入賞口へ入れろ!」「射幸性を抑えた機種を!」と警察が言っているにも関わらず、実際には全く進んでいない事が原因でしょう。
一般入賞口の検査が始まって3か月弱ですが、全く入れる気のない状況
MAX規制で減るハズのMAX機種が駆け込み需要で実際には増えている現状
このままだとお上の逆鱗に触れるのは目に見えているので対策を取ったってことじゃないでしょうかねぇ。

打ち手にとって気になるのは「良くなるのか?」「より勝てるようになるのか?」ですよね。
始まってみないと分からないですが「ベース30以上」これで大きく印象が変わると思います。

ベース30とは1分間(打ち込み100玉)に30個の払い出しがあると言う意味です。
20回/K・ヘソ賞球3個の台で千円分(250個)と賞球分(60個)を使い一般入賞口(賞球10)ゼロだとベース19.35(総打ち込み玉数310個)
一般入賞口(賞球10)5個でベース30.56(総打ち込み玉数360個)となります。
同じ20回/Kで比較するとベースが高い方が、打ち込み個数が多いのに同じ回転率=回らない釘 となっちゃいますね。
ヘソ賞球7個などの機種と同じような印象になると思います。

回らない・消化が遅い印象はマイナス要素なのでココを改善した機種として出てくるのでれば、時間当たりの投資スピードは下がるので一般受けする気はします。
勝ち方を知ってる人にとっては投資スピードの高さよりも期待値が出やすい機種を望みますが、その意味ではプラス要素は少ないでしょう。

勝ち方を知ってる人にとって有利となるのは、東京都のように等価禁止・貯玉使用制限などが行われた場合に「長時間打てるメリット」「立ち回りの工夫の効果大」などが有りそうです。
どれだけ交換率を下げるか?でも違ってきますが、新たなチャンスは有るような気がしています。(期待込)

年々パチンコ人口が少なくなっている現状では、今回の規制は業界が変わる大きなチャンスだと考えています。
射幸性の高いギャンブル要素で集客するのは、事実上ムリになります。次の集客の方法は何だろう・・・・・
その答え次第で復活!への道となるか!?更に衰退への道へ加速するのか!?が決まりそうです。
これから半年一年は、パチンコ激動の時期となるでしょうね。

【関連記事】
パチンコ風営法改正のパブリックコメント開始 改正案でパチンコ機はどうなるのか?



コメント

« 前へ 115 16 17


  • 481
    初心者

    私あまりパチンコの規則のことはよく知りません。

    サイトを見ましたが、
    日工組関係者は、「施行規則で出玉率の下限値が決められているので、内規でベースを担保する必要がなくなった」
    とありました。

    以前の規則では出玉率の下限値もなく、ベースの担保もなかったのでしょうか?

    最低ベースは「34」なのでしょうか?

    確率1/99の機種と確率1/319.5の機種ではベースが違いうのでしょうか?それとも同じでしょうか?

    また別の方の書き込みで「役比モニタのチェックが行われている」とありましたが、誰が何をどのように
    チェックしているのでしょうか?


  • 482
    アッシュ

    >以前の規則では出玉率の下限値もなく、ベースの担保もなかったのでしょうか?

    試射試験では、短時間の下限は無く5時間で50%となっていました。
    なので、組合の自主規制として30%が設けられていました。

    >最低ベースは「34」なのでしょうか?

    新しい試射試験では、1時間で33%の出玉率なっているので当らなかった場合を考慮すれば33%が下限です。
    これがあるので組合の自主規制は必要なくなったってことでしょうね。

    >確率1/99の機種と確率1/319.5の機種ではベースが違いうのでしょうか?それとも同じでしょうか?

    ベースとは、大当りしていない状態での賞球(ヘソ・一般入賞口の賞球)のことです。
    組合の規制ではベースが対象でしたが、試射試験では出玉率となっているので今後は違ってくる可能性は有ると思います。
    ただし、大当りでの賞球の比率も定められているので大きく変わるか?は無いように思います。

    役比モニターのチェックは、何かあればお上が行うとでしょう。
    通常は「遊技産業健全化推進機構」が行うようですが、組合のベース自主規制撤廃でどうなるのか不明です。

    個人的には、ゴチャゴチャやってないで管理遊技機(封入式)へ向かえば!!と思います。
    利権やメーカー・パチンコ店のそれぞれの立場など色々とあるので簡単ではないみたいです。

    今のパチンコ業界は過渡期なので、一般の考えでは理解できない状況かも知れないですね。
    私としては、パチンコを打たない人も理解できる状態になって初めて健全化と思うので、それぞれの利害でゴチャゴチャやってる間は無理でしょう。

    まだ時間は、掛かると思います。


  • 483
    なめとんか?

    日工組の内規4項目の撤廃は過激な機種を生み出しかねない。

    メーカーは意図して確変継続率85%以上、スタート賞球1個の機種を持ち込み、保通協試験の時に
    他入賞口の釘を開けてベース34を確保し、スタート釘を閉めて大当たりを少なくして合格させ、
    ホールの警察検査後に逆の釘調整(他入賞口の釘を閉めてスタート釘を開ける、そしてスタートが回れば
    お客がお金を使う、いや使わせる狙い)をして営業させる過激な機種の販売を企んでいると思われる。
    おそらくベース15~20ぐらいになるだろう。

    メーカーは設定付きの機種の客付きが悪く、販売台数も振るわないため日工組に要望したのだ。
    低ベースで売上げアップする台を作って販売台数を伸ばしたいだけなのだ。
    射幸心の抑制なんかは二の次で、お金儲けだけに走っている。

    これを全部のメーカーがやるとは言えないが、1部がやると全部に広がる可能性は大だ!

    ギャンブル依存症患者の発生が抑えられる方向に向かっていない!

    日工組のこの判断に反対だ!

    それにこの前の確変継続率65%の撤廃も俺は認めんぞ! ちくしょう!


  • 484
    アッシュ

    自主規制を撤廃しても過激なスペックは、無理だと思います。
    https://www.ashh.net/mt/kisokukaisei/
    こちらに書いているとおり、試射試験はかなり厳しい内容になっていますからね。

    ご指摘になっている試験とパチンコ店への納品時に釘が違っている・・・
    これは数年前に問題となりましたが、現在行っているメーカーは、無いでしょう。

    パチンコ店への納品時に「釘確認シート」で確認後にOKとなります。
    「釘確認シート」は、出荷時(検定試験時)の釘のシートです。

    もし試験時と違うなど問題が起こった場合には、「釘確認シート」と合わせて違えばパチンコ店が釘調整した=店の責任。
    「釘確認シート」と変更がなければ、メーカーの責任となります。

    もちろんメーカーは、そんなリスクを取るハズも無く「納品後は、店にお任せ」ですね。

    ちくしょう!って感じる事は無いと思いますよ。

    私としては試射試験の方法を見直すべきだと考えています。
    過激なスペックが出るとしたら、何度落ちても運頼みで実質上限を超えたスペックで無理やり通すパターンは有りそうです。

    5台の実機を10時間試射した結果ですから、運良く(悪く)適度にハマれば通過可能です。
    こんなのが正しい検定試験なのでしょうか?

    プログラムからの解析値とそれによる理論上の上下限1σを試射試験結果で見る(戻しは実射値でOK)のが良いと思います。
    難しい面もあるでしょうけど、現実的でない試験には危険性もあると思っています。


  • 485
    タケオ

    私は日工組の内規4項目の撤廃に関して問題ありと感じます。

    仮にホール営業で大当りしなくても最低ベース34が守られる保証があれば、どんな機種でも1時間での試験基準の出玉1/3は
    クリアできます。

    また逆に釘調整してベース34で試射試験合格させ、警察検査後(釘シート確認後)にホールでベース25に調整することも可能
    です。
    ホールは売上重視のためスタート釘を開けたとしても試験合格時のベース34にすることはないでしょう。

    釘調整のできる機種ではホール営業にて化ける可能性があり、へそスタート賞球4個の撤廃により射幸心をそそる機種へと化けます。

    日工組のこの判断、私も大いに疑問です。

    2年後、パチンコでのギャンブル依存症患者の数が増加、なんてことになったら大変ですよ、ホントに・・・。


  • 486
    アッシュ

    釘シート・役比モニター・機構の立ち入り検査などチェック体制が出来ているので、昔のような極端な調整は無理だと思います。
    疑われたら釘シートで確認されてアウト!営業停止処分!高リスクですよね。

    絶対に無いとは言い切れませんが、一般的とはならないでしょう。
    もし一般入賞口を閉めてる店を見つけたら、即通報しましょう。


  • 487

    今回の内規4項目撤廃の日工組の決定に賛成です。
    新基準での範囲であればOKでしょう。

    釘調整できる機種は良い点も悪い点もありますが、包丁やナイフと同じで使い方を間違えなければ
    問題になりません。
    またメーカーが悪い使い方を指導したり教えたりするのはいけません。
    むしろ悪い使い方ができないような設計をしてください。

    新基準になったばかりですが、試験が厳しいので内規の緩和・撤廃をしているのだと思います。

    これから先は消費税10%、旧基準機の撤去、禁煙対策など取り組まなければいけない課題が多いため、
    これ位の内規の緩和や撤廃は許してもらいたいものです。

    また最近のパチンコ店は、企業の働き方改革で残業時間が制限され、残業代が減りパチンコ代も減ったので
    ホールのお客様も減ってしまい経営難に追い打ちをかけています。

    ギャンブル依存症対策推進基本計画も決まっていることなので、おおめに見てください。

    さてベース15~20と聞いて昔のCRギンギラパラダイスという機種を思い出します。この台のおかげで
    朝からお客が来て、お店が元気になりました。
    また復活してくれるといいな!(ちょっと無理だな?厳しいな!)


  • 488
    アッシュ

    CRギンギラパラダイス 懐かしいです。
    ベース20は無理ですが、現状のルールの中でも設定付きであれば出せるかも?

    でも、スピードが落ちたらギンパラじゃないので、そこは難しいかも知れません。

    規制については、大きな緩和は難しいと思います。
    ですが、実質的な緩和を獲得する為に業界は動いている気がします。

    夏の参院選には、パチンコ業界おし!の人が出馬するようです。
    遅すぎる!と言いたいですが、当選して欲しいですね。


  • 489
    パチンコファン

    出玉が多い、確変継続率が高い機種が問題になり、1回の大当たり出玉の上限が2400個→1500個になった。
    これは仕方ないとして、内規の確変継続率65%上限は2400個だったから設けられたものだ。

    同じく内規4項目も2400個だったから設けられたものだ。

    今は1500個上限になったのだから2400個の時の規則をそのまま受け継がなくてもいい。
    撤廃しても新基準を満たしていれば問題ないはず。

    いろいろな仕様の機種で販売台数を伸ばしたいメーカーだってあるし、面白いパチンコ台で遊びたいファンだっている。
    その芽を摘み取るような発言は控えるべきだ。
    1年もまだ経っていないので新基準の効果もはっきりしていない。

    新基準でもやはりパチンコがきっかけでギャンブル依存症患者が増加している事実が確認されたら、内規での規制を
    日工組も検討するはず。

    それまではしばらく様子を見るのが本筋である。


  • 490
    金太郎

    働き方改革で残業が減り、帰りに一杯飲んでからパチンコ店に寄ることが多くなりました。

    夜7時ごろにはサラリーマンで7、8割埋まっていますが、1パチの方だけです。

    来年、4パチのお客はさらに減っているような気がします。

    確変継続率が低い高いとか、出玉が多い少ないとか、ベースが高い低いとかではない、もっと別の原因があるのでは?


  • 491
    アッシュ

    軽く飲んでパチンコですか、良い感じですね。

    4パチのお客さんが更に減っていくとは思っていませんが、やはりお金が掛かり過ぎるのが問題な気がします。
    等価に近い交換率の店が多くなり回らない=当りまでの投資金額が高くなる構図です。
    もちろん頻繁に画面が止まるのも不快です。

    パチンコは30~40個あたりの交換の方が楽しめると思いますが、一物一価の徹底の為にスロットに合わせて上限いっぱいとしている店が多いですね。

    お上が一物二価を認めてくれたら、良いですけどね。


  • 492
    ケイ

    質問なのですが
    釘調整を行ってる店を発見した場合、通報すべきところは所轄の生活安全課ですか?
    何より一番大切なのは消費者が店舗の不正を見逃さず正させることかと思い


  • 493
    アッシュ

    所轄の生活安全課の他にも
    PSIO
    https://www.psio.ne.jp/
    遊技産業健全化推進機構
    https://www.suishinkikou.or.jp/fusei/
    パチンコ・パチスロ健全化ネット
    https://kenzen777.net/a.html
    各都道府県のパチンコ組合など、たくさん有りますね。

    所轄の生活安全課は、地域によって温度差があると聞いています。
    釘調整の度合いにもよりますが、誰の目にも明らか!であれば動いてくれると思います。


  • 494
    タケオ

    >490
    確変継続率が低い高いとか、出玉が多い少ないとか、ベースが高い低いとかではない、もっと別の原因があるのでは?

    4パチのお客が減る原因よりはパチンコがきっかけでギャンブル依存症になる人を減らす目的で規則が厳しくなりました。
    1回の大当たり出玉が多く確変継続率が高くベースが低く、お金と使いすぎる台はギャンブル依存症の発生を増加させます。

    自己責任といえばそれまでですが、パチンコが楽しくて毎日遊んでいると、知らず知らずのうちにパチンコ依存症になって
    しまう人がいるのも事実です。

    4パチのお客が減ってもパチンコ依存症の発生が抑えられればよしとしましょう。
    ホールの努力次第で新基準の機種でも4パチにもお客が戻ってくると思いますよ。

    私に言わせればホールの努力がまだまだ足りないと思います。
    (昔と比べお客が減っているのはスマホゲームの普及も影響しているとは思いますが・・・)

« 前へ 115 16 17


コメントを投稿

画像を投稿する (JPG.JPEG,GIF,PNG)


コメントは承認制です。管理人確認後に公開されます。
※書き込み内容や荒い言葉など問題がある場合には、承認しませんのでご理解お願いします。