CR衝撃ゴウライガン(サンセイ)のパチンコ攻略情報やトータル確率・ボーダーなどの詳細スペック

CR衝撃ゴウライガン

更新:


パチンコ副収入のすすめ

9/18 CR魔法先生ネギま!スペック修正 8/1 CR乙女フェスティバル9AU スペック修正 6/10 CRロボゲイシャ RUB当りの出玉を別にしました 4/30 ガラケーの方へ

CR衝撃ゴウライガン

サンセイ・Sansei R&D 2015/5月 導入開始 11月追加 2スペック

ラブコメバトルヒーロー「衝撃ゴウライガン」のパチンコ機。

【VV】1/400MAXタイプ・Vアタッカー機として登場!
電チュー抽選では80.5%の確変と連チャンを楽しめるスペック。出玉は15R一律なのも嬉しいですね。(出玉個数は物足りないですが)

スペックは最近の甘いMAX機種と比べれば辛い部類です。
また電チュー賞球1個&高電サポ率なので、電サポ中の玉減りには注意が必要です。


コメントを読む  コメント数(3)   コメントを書き込む     ※全て見るには、会員登録が必要です。 会員登録について



CR衝撃ゴウライガン パチンコ・スペック

トータル確率などの全詳細情報・全コメントの閲覧・期待収支自動計算の使用には、会員登録が必要です。 会員登録について

RR-Y VV

CR衝撃ゴウライガン RR-Y

稼働データTool(一般公開機種) アプリ help


【タイプ】
R数変化・電チュー戻し1個・Vアタッカー・8保電優・状態別・右打ち
【大当り確率】
99.9(44.7)
【確変率】
ヘソ:5%
電チュー:75%
【突確率】
なし
【時短】
0/80回
【小当り確率】
なし
【賞球数】
3&1&5&12
【ラウンド・カウント数】
実6R・16R×6C
【出玉】
実6R:384個(364)
16R:1024個(972)
平均:※※※
【R比率】
実6R:※※※
16R:※※※
【トータル確率】
※※※
【平均連チャン数】
※※※
【等価ボーダー】
※※※
【初当り1回の期待出玉】
※※※
【確変潜伏】
※※※
【時短連チャン率】
※※※
【電サポ率】
※※※
【コミコミ確率】
※※※
【ヘソ大当り内訳】
[確変]
実6R:4%
16R:1%
[通常]
実6R:95%
(時短80回)
【電チュー大当り内訳】
[確変]
実6R:70%
16R:5%
[通常]
実6R:25%
(時短なし)
CR衝撃ゴウライガン VV

稼働データTool(一般公開機種) アプリ help


【タイプ】
電チュー戻し1個・Vアタッカー・8保電優・右打ち
【大当り確率】
399.6(120.0)
【確変率】
ヘソ:56%
電チュー:80.5%
【突確率】
なし
【時短】
0/100回
【小当り確率】
なし
【賞球数】
3&1&7&10&15
【ラウンド・カウント数】
15R×6C
【出玉】
15R:1230個(1168)
【トータル確率】
※※※
【平均連チャン数】
※※※
【等価ボーダー】
※※※
【初当り1回の期待出玉】
※※※
【確変潜伏】
※※※
【時短連チャン率】
※※※
【電サポ率】
※※※
【コミコミ確率】
※※※

【ヘソ大当り内訳】
[確変]
15R:56%
[通常]
15R:44%
(時短100回)
【電チュー大当り内訳】
[確変]
15R:80.5%
[通常]
15R:19.5%
(確変中は時短なし)
(時短中は時短100回)

【18.5/kでの持玉比率】
自力500回転:17.7%
自力1000回転:33.9%
自力1800回転:48.5%
自力2100回転:52.0%
【23.1/kでの持玉比率】
自力500回転:20.3%
自力1000回転:38.3%
自力1800回転:54.1%
自力2100回転:57.7%

確変率の( )は 「出玉あり大当りのみ」 での確変率です。    トータル確率とは?
出玉の( )は「5%少ない」場合の出玉個数です。高価・等価交換では、こちらの数値に近いでしょう。
平均連チャン数は 「出玉あり大当りのみ」 での回数です。
等価ボーダーの( )は 「出玉が5%少ない」 場合のボーダーラインです。
R振り分け率の( )は、そのR分でのトータル確率です。

スペック計算についての詳細は → パチンコ用語


注意
数値は、パチンコメーカーから公表されていない物も含まれています。
推定値からの計算ですので不確実な部分もあります。(変更・修正あり)
ご理解の上でのご利用、よろしくお願いします。


コメント


  • 1
    kujira

    少しだけ打って当たりましたので、わたしが気づいた点を書きます。

    とりあえず結論から書きます。
    ①6Cにした分、ラウンド数が多いので、他の機種(例えば牙狼)よりも出玉が多く取れる。
    ②アタッカーへのオーバー入賞は、5個打った直後にすぐ捻り打ちした方が良い。
    ③時短中は、打ちっぱなしで問題ない。

    補足です。

    ①ですが、他のMAXタイプの機種では16Rの9C などが多いと思うのですが、この機種は1Rあたりのカウントを少なくすることにより、ラウンド数をわざと増やしてあります。そのため、オーバー入賞を狙える回数が他の機種よりも多いと思います。
    例えば6C 9Rと9C 6R だと、前者の方がオーバー入賞のチャレンジ回数が3回多い、みたいな感じです。

    ②時間が少し経つと、アタッカーがパカパカし始める仕様になっていました・・・。
    そのためわたしはまず5個打ってしまい、入るのを確認せずに、その直後に弱強強と打っていました。
    少し慣れてきたら工夫して、5個打ったあと弱打ちの準備をして待機し、1個こぼれたら弱弱強強とやって、1発目でこぼれた分を補充する打ち方をしてました。
    とにかく、数えて5個入るのを見届けているとアタッカーのパカパカタイムが始まってしまい、オーバー入賞どころではなくなるといった仕様です。

    ③電チュー1個返しのため、打った玉がほとんど入る用になっていました。
    また、out側へ玉をこぼすようにするベロが定期的に開いていました。
    回避する場合は、ベロが開いて1秒後打ち出しを2秒ほど止め、またベロが開くまで打って、でいけました。
    しかし、打ちっぱなしでもベロに弾かれることはほとんどないため、スピードを考えて打ちっぱなしで問題ないように感じました。
    具体的には打ちっぱなしで、100回転で3個、4個程度のこぼれでした。
    弾くベロの位置は、電チューの真横で台から一番遠い場所のため、回避するためにはかなり無駄に長い時間打ち出しを止めなければなりません。
    そういったこともあり、わたしは打ちっぱなしにしました。


  • 2
    アッシュ

    実践情報ありがとうございます。

    総括すると、アタッカーのオーバー入賞以外には旨味は少ないと感じますが正しいのかな?
    そうだとすれば、MAXタイプ飽和状態の中で今後も期待できるか?は難しい機種かも知れませんね。


  • 3
    kujira

    アッシュさん

    おっしゃる通りです。
    アタッカーのオーバー入賞以外は、特に旨みはないです。
    演出的な意味でも、スペック的な意味でも牙狼の劣化版といった感じがします・・・。
    等価ボーダーも悪いですし、演出とかを見てもとても人気が出るとは思えません。

    時短中ほとんど削られないで減らないため、回れば打てるんでしょうけど・・・。
    回してくれないでしょうね・・・。


コメントを投稿

画像を投稿する (JPG.JPEG,GIF,PNG)