CR攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXのパチンコ攻略情報とトータル確率などの詳細スペック

CR攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

更新:


パチンコ副収入のすすめ

11/12 CR悪代官 役物確率を変更可能に! 9/18 CR魔法先生ネギま!スペック修正 8/1 CR乙女フェスティバル9AU スペック修正 4/30 ガラケーの方へ

CR攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX


OK・オッケー   2012/10 導入 2013/2 【H4】  2スペック            

京楽の新ブランド「オッケー・OK」のパチンコ第一弾!

【M7】
特徴は、転落抽選によるゲーム性です。
規定回数の電サポが終了しても確変状態(転落していない)であれば、転落するまで電サポは継続されます。
電サポ終了=確変終了 のドキドキ感が味わえる仕様となっています。

スペックも甘いので打ってみたい機種ですね。


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXのコメントを読む   コメントを書き込む



CR攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX パチンコ・スペック


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX H4 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX M7
【タイプ】
R数変化・ST機・8保電優・右打ち
【大当り確率】
397.2(72.6)
【確変率】
100%(100回転)
【突確率】
なし
【時短】
なし
【小当り確率】
なし
【賞球数】
3&3&10&15
【ラウンド・カウント数】
4R・8R・16R×9C
【ヘソ大当り内訳】
[確変]
4R:30%
8R:60%
16R:10%
【電チュー大当り内訳】
[確変]
8R:30%
16R:70%

期待収支計算
(入力は半角数字)


通常時総回転数

回転数/千円

換金率 例 25(等価)

貸玉率

持玉比率 例 0.65

電サポ増減率

貯玉手数料 例 0.1

4R大当りの出玉

8R大当りの出玉

16R大当りの出玉



以下は分る人だけ、
変更して下さい。


トータル確率

電サポ率

4R出現率

8R出現率

16R出現率



【タイプ】
確変潜伏・突確率変化・転落抽選・
電チュー戻し2個・8保電優・右打ち
【大当り確率】
288.7(45)
【確変率】
100%(1/71で転落まで)
【突確率】
ヘソ:25%・電チュー:0%
【小当り確率】
258.1(ヘソのみ)
【賞球数】
3&2&10&15
【ラウンド・カウント数】
8R・16R×9C
【ヘソ大当り内訳】
[確変]
突8R:5%
(初回潜伏(潜確中は電サポ100回+α))
突8R:7.5%
(電サポ30回+α
(潜確中は電サポ100回+α))
突16R:12.5%
(電サポ30回+α(潜確中は電サポ100回+α))
8R:37.5%(電サポ100回+α)
16R:37.5%(電サポ100回+α)
【電チュー大当り内訳】
[確変]
8R:50%(電サポ100回+α)
16R:50%(電サポ100回+α)

※保障回数の電サポ終了時に内部高確の場合は
以降転落まで電サポ継続
※電チュー入賞率を通常中1%・電サポ中99%で計算

期待収支計算
(入力は半角数字)


通常時総回転数

回転数/千円

換金率 例 25(等価)

貸玉率

持玉比率 例 0.65

電サポ増減率

貯玉手数料 例 0.1

8R大当りの出玉

16R大当りの出玉



以下は分る人だけ、
変更して下さい。


トータル確率

電サポ率

8R出現率

16R出現率


確変率の( )は 「出玉あり大当りのみ」 での確変率です。    トータル確率とは?
出玉の( )は「5%少ない」場合の出玉個数です。高価・等価交換では、こちらの数値に近いでしょう。
平均連チャン数は 「出玉あり大当りのみ」 での回数です。
等価ボーダーの( )は 「出玉が5%少ない」 場合のボーダーラインです。
R振り分け率の( )は、そのR分でのトータル確率です。

スペック計算についての詳細は → パチンコ用語


注意
数値は、パチンコメーカーから公表されていない物も含まれています。
推定値からの計算ですので不確実な部分もあります。(変更・修正あり)
ご理解の上でのご利用、よろしくお願いします。


コメント


  • 1
    kkk

    これ打ってみたいですねwでも若い人がわんさか湧きそうですね笑
    僕も学生ですがwスペックも甘いですし盤面が気になるところですね


  • 2

    直営店で打ってきたので1つ報告を。
    >※保障回数の電サポ終了時、内部高確の場合は以降電サポ10回毎追加
    とありますが、保障回数終了後は転落し次第即電サポは途切れます。
    これは突確(電脳モード)を44回転で、サドンデス(ゴーストラッシュ)182回転で転落した経験からです。
    10回転毎というのは、ゴーストラッシュの50,60,70,80,90回転目に転落してない場合の演出で+10Gと出るもののことだと思います。
    ちなみにいつ落ちたかは演出で判断できないかも(もしかしたら対戦相手が変わる回転で転落? 個人の推測です)。
    以上、報告でした。トータル確率に影響が出ますでしょうか。


  • 3
    アッシュ

    >>1 kkk さん
    私は世代が違うので??ですが、攻殻機動隊って人気あったのですね。
    全く知りませんでした。
    >>2 爻 さん
    貴重な情報ありがとうございます。
    スペックとしては大きく変わりませんが、近日中に修正したいと思います。


  • 4
    アッシュ

    確変転落=電サポ終了 へスペックを修正しました。
    ほとんど変わりませんが、若干辛くなりました。それでも甘いと思います。


  • 5
    er

    ベース22の台を一日打ちました
    左側はスルーの位置がちょっと違いますが殆どタロウとかと変わらない盤面ですね
    逆に右は羽根がなくなって以前の形に近くなった分
    アタッカーに関しては甘くなった感じがします
    二個戻しとは言え1個程度なら増やせない事もないですし大分甘そうです
    ただ通常遅いですね
    タロウとかでもそこまで遅く感じない私でもちょっとこれは・・・ってレベルでした
    普通に当たって時間170って所じゃないでしょうか


  • 6
    アッシュ

    >>5 er さん
    情報ありがとうございます。
    実践する機会があれば試して見ます。


  • 7
    kujira

    こんばんは。
    今日初打ちでした。
    100回転以内で転落したときは、合計電サポが100回転になるまでは通常確率の時短が続く仕様でした。
    ただ、違和感を感じたのは、20回転以内とかの早い段階では転落する演出が見えませんでした。
    その上、20〜30回転を超えた場合は全然当たらないイメージ・・・。
    そのことから、転落しても50回転を超えるまでは転落していることを告知しないような演出になっているのではないかと思いました。
    爻さんと同じように、転落が演出で分からないパターンが多々存在するシステムになってると思います。
    また、突確(電脳モード)で下1ケタが中途半端な回数でいきなり通常になったので、突確は転落を引いたら即通常だと思います。
    電サポ開放パターンはショート3回とロング2回でした。
    左ランプ点灯はショートで真ん中ランプ点灯はロング。
    インターバル止め打ちで0.3個増くらいの微増でした。
    オーバー入賞は調整が良ければ5割近く行くのではないかと思います。


  • 8
    アッシュ

    >>7 kujira さん
    情報ありがとうございます。
    この機種は私の周辺では渋い調整ばかりなんですねぇ・・・仕事人の抱き合わせか!?と思っちゃいます。
    状況が良ければ打ってみたいですが・・・・・。


  • 9
    猫耳大好き

    パチマガの説明でも、50回転までは転落告知は無いってありました。
    50回転目で大抵落ちますよね・・・。
    ただ、ここや突確30回転で持ちこたえたら、そこからが本当の勝負ですね。精神衛生によろしくないですw
    ところで、この転落式と普通のSTと比較すると、
    転落式=○回転までに何度当てられるか。
    ST=○回転以内の当たりを何度続けられるか。
    ってイメージなんですが、転落式だろうとSTだろうと、当たり後の期待回転数は同じ○回転ですよね?
    でも、STならばいつ当たってもまた1からにリセットされるけど、
    転落式ではそういうわけでもない。けれど、いつでも一定抽選だから当たり直後の期待回転数は一緒・・・?
    でもでも転落式の確変回転数は、「初当たり×○」なはず。
    ST機では1度でも当たれば「初当たり×○」を超えるので当てはまらない・・・。
    ということは、転落式とST機では2連する確率は同じでも、それ以降・平均連数は違うってこと??
    パチマガ実践記で「転落式もSTも同じ」みたいな表現があったけど、上記の通りどうも納得いかなくて・・・。
    どなたか解説お願いできませんか・・・。


  • 10
    つっぱり・かずちゃん

    >>9 猫耳大好き さん
    >50回転目で大抵落ちますよね・・・。
    51回転目が高確率の割合は34.94%です。
    大抵落ちていると感じるか意外と残っていると思うか微妙なところかもですね・・・。
    ちなみに、31回転目は57.37%で101回転目は7.81%になります。
    >転落式と普通のSTと比較
    これは案外難題かな?私の理解の範囲で書いてみます。
    この機種の場合、確変連チャン率は61.21%です。
    これを大当り確率1/45での確変回転数に換算するとそのST回転数は、
    log(1-0.6121)/log(1-1/45)=42.14回転
    となるので、突8R(潜伏)はST42.14回転の潜伏確変に相当する。
    保障電サポ30回+αでの連チャン率は62.70%です。
    これを大当り確率1/45での確変回転数に換算するとそのST回転数は、
    log(1-0.6270)/log(1-1/45)=43.89回転
    となるので、ST43.89回転の確変に相当する。
    保障電サポ100回+αでの連チャン率は69.79%です。
    これを大当り確率1/45での確変回転数に換算するとそのST回転数は、
    log(1-0.6979)/log(1-1/45)=53.26回転
    となるので、ST53.26回転の確変に相当する。
    こんな感じでしょうか。
    ピントのずれた内容になっちゃってたらすみません。


  • 11
    アッシュ

    >>9 猫耳大好き さん
    転落・STどちらであっても連チャン率が同じであれば同じ結果になると思います。
    ただ、経過が違うので受ける印象が違うのではないでしょうか。
    STは最大回転数が限られているので結果が決まった回転数内で出ます。
    転落抽選は、転落しない限りはどこまでも続くのでドキドキが長くなる傾向がありそうです。
    受ける感覚的な違いだと思いますが・・・・。


  • 12
    猫耳大好き

    >>10 つっぱり・かずちゃん さん
    >>11 アッシュ さん
    す、すいません・・・、レベルが高すぎて頭がパンクしそうです。ごめんなさい。
    えっと、単純に質問しますと、
    当選確率=1/45で、確変転落率1/71(時短考慮せず)
    と、
    同じく当選確率=1/45で、71回転固定ST機の場合
    この2パターンで違いがあるのか聞きたかったのです・・・。
    アッシュさんが言われるように「連チャン率は同じ」というのはわかるんですが、
    >>9でも書いたように、転落式とST機では最終的な確変滞在G数が変わってくる気がするというか、
    転落式は1G終了〜数百G継続ひっくるめて、初当たり毎平均71G滞在で、
    ST機では最終的に71G回すので、絶対初当たり毎の滞在Gは71Gを超えますよね?
    だったら、初当たりに対しての平均連チャン数は違ってくるのでは・・・ってなるんですよね。
    ってあれ・・・
    今見直したら、つっぱりかずちゃんさんの計算結果で答え出てる??
    保障サポ30と100それぞれをST機に置き換えて算出ってことですか?
    ってことは、やっぱ単純に1/71転落にはST71回の価値は無く、
    時短を考慮しないと、ST42.14回転と同等ってことでいいんでしょうか?
    ってあれ・・・(再び)
    よく考えたら、アッシュさんの言う「連チャン率は同じ」ってのはST71回のことじゃないですね。
    ST71の確率1/45とか、連チャン率80%弱ありますやん(笑)
    結果、パチマガHさんの「ST71回と同じ」ってのが間違ってたんですね・・・。
    日本語下手なくせに長々失礼しました。
    そして、丁寧な回答ありがとうございました。これで今後過剰な期待ぜずに打てそうです(笑)


コメントを投稿

画像を投稿する (JPG.JPEG,GIF,PNG)