パチンコでは釘が解れば勝率大幅UPです!勝つ為の釘の見方と実践方法を紹介!

釘を見るコツ

更新:


パチンコ副収入のすすめ

4/30 ガラケーの方へ 3/25 CRウルトラバトル烈伝 C4 スペック修正 3/25 CR麻王DX スペック修正 3/2 CRルパン三世〜Lupin The End〜 99ver. スペック修正

パチンコ店での釘調整の現状


釘調整を見るだけでいい台をゲットするのはどんどん難しくなってきています

ステージのクセは見ただけでは解りにくいし、台の入れ替えが早くなり同じ台を打てる時間が減っている・
新台から締まるだけの調整が多くなった・・・・などなど理由はあります。

一番痛いのは、島単位の釘調整(同じ機種は同じ回転数に調整)が一般化してきているので
横の比較(同じ機種を見比べる)では微妙な差でしかなく、パチプロレベルの人でも見極めるのは、
どんどん難しくなってきています。

まして副収入パチンコにはハードルが高いですね。

それでも釘は回る台ゲットには非常に重要ですので諦めてはいけません。
パチプロには及ばなくても副収入パチンコでもできる釘の見方、覚え方を考えていきましょう。


釘読みの実践


一番大切なのは縦の比較(同じ台での昨日・今日などの比較)です

しかし釘を見ただけでは何処が変わったのか、全く変わっていないのか解りにくいので
前回打った時のデータを参考に変わったかどうかを判断します。

例えばある月の10日に打って26/千円だったのに20日に打つと23/千円になっていたら締まったとわかりますね。
後は何処が締まったかを探していきます。最初は見つけにくいですが、常にその様に意識して打てばだんだん見えてくるようになります。

ただし10日・20日のデータが正確でなければ意味がないので、できるだけ正確なデータを取るよう心がけてください。

今の台は回転ムラ(千円で15回から35回などの差)が大きい台が多く、ちょと打つだけでは正確には解らないので信頼度の高いデータ(同じ台を少なくても1時間以上は打った時)のみで考えて実行してください。

正確なデータを取ることはその他の面でも非常に重要なので絶対に実行してください。
勝つパチンコのデータ活用法


パチンコ好きな友人の話


私の友人でパチンコ好きな奴に「千円で何回、回った?」聞くといつも「25回ぐらい」の返事、どれぐらい数えてたのか聞くと、最初の5千分ぐらいまでで全く正確とは言えないデータのパチンコをしています。

それではいくら釘を見ても釘の変化よりデータ不正確での変化が大きく、釘を見る目は養われません。
まして最初は25/千円でも本当は20/千円の台なら負ける計算(42個交換)になるのでお話になりません。

打っている限りデータは取り続けてより正確なものにしなければ意味がないです。

彼は今でも負けていますが、データを正確に取るのも「面倒だ・邪魔くさい」と言ってしないようでは
副収入パチンカーにはなれません!

仕事とは言いませんが、少なくともお金を稼ぐのであれば「面倒だ・邪魔くさい」ことも多少あっても当然です!そのように思われる方は副収入パチンコには向いていませんね。  話がそれてしまいました(失礼!)


釘読みのコツ


今のパチンコ店では、釘調整を専門にする釘師は、ほとんどいないのでは?

万年釘(いつも変わらない釘)・ヘソの開け閉めだけの調整など単純な調整が目だってきて
手の込んだ複雑な調整は見られなくなってきたのがいい例ですね。

同じお店なら新台導入後1週間程は色々変わりますが、その後注意して見る釘は、寄り周辺とヘソぐらいでステージの強い台(ステージからヘソに良く入る)はワープ入り口とせいぜい3箇所です。

開ける・閉めるの変化は概ねココに表れるので、この3箇所だけは押さえておきましょう。
しかし調整されるのは、ほとんどヘソだけが現状だと思います。

一般的には島単位の釘調整(同じ機種は同じ回転数に調整)なので
寄り周辺とワープ入り口が良ければヘソは狭く、ヘソが広ければその反対が多いです。

今は同じ回転数でも新装時やイベントなどで釘が開けられるときが違います。

そこそこ開いているヘソがさらに開いても大きく回転数がUPするのは難しいですが、寄り周辺とワープ入り口が良い台でヘソが少し開くだけでかなりのUPが見込めます。
日頃からヘソが狭くてもそこそこ回る台をチェックし、開くチャンスを待つのもいい方法ですね。

パチンコ台にはゲージ(釘の配列)に特徴があり、キーになる釘がある台もあります。
そんな台ではキー釘さえ開いていればOKな場合や反対に開いていなければ打つ価値なし!
などもあるので機種の特徴を知っておくとムダな試し打ちなどが減らせるので非常に有効です。

前には江戸っ子源さんやベティブープ、GOGOマリンなどワープが開いているだけで
そこそこ回ってしまう機種なども多くあったので今後そのような機種は要チェックです。

当HPでもその様な機種が出てきた場合は掲載していく方針ですのでたまに覗いてくださいね。

アドバイスとしては、副収入パチンコには時間が少ないので多くの台を試し打ちすることは、 持ち玉での時間を減らすことになるので、いかに試し打ちする台を厳選するかはとても重要です。

釘や過去のデータと共に他のお客さんの台にもチェックを忘れないように注意して下さい。
今は殆どのお店で回転数のデータがでるので、一箱で何回転回っているなどは簡単にわかりますから
良ければ次回の試し打ちの候補にするわけですね。

また島単位の釘調整が主流で自分の台も大きく変わらない(最大5回転ほど)はずなので判断材料にできる事もあります。(店により違います)
ただし打ち方によって・回転ムラなどで正確なデータとは言えないのであくまで推測の範囲です。

同じ台でも打ち方でもっと回せるかも → 勝つパチンコ回転数UPの秘訣



コメントを投稿

画像を投稿する (JPG.JPEG,GIF,PNG)