パチンコ広告規制について実情と管理人の思うこと

パチンコ広告規制

更新:


パチンコ副収入のすすめ

11/12 CR悪代官 役物確率を変更可能に! 9/18 CR魔法先生ネギま!スペック修正 8/1 CR乙女フェスティバル9AU スペック修正 4/30 ガラケーの方へ

警察から「パチンコ営業広告について」新たな規制内容が発表され、既に8月から実施されています。 皆さんの周辺の店でも、イベントが無くなってたりメールが来なくなったりと変化を感じてる人も多いでしょう。 簡単に内容を書くと、「射幸心を煽ることへの対応」となります。 実質的な規制対象は 1)出玉・釘調整を連想させるイベント(激アツデー・○○の日・特選機種・甘デジの日など) 2)上記文言を使用してのチラシ・メール この2点が打ち手にとって影響が大きいと思われます。 (他にも固定ハンドルや技術介入について、厳しくなる可能性もアリ) 今回の規制は今まで(そのうち元に戻るよ・・・)とは違い、警察はかなり本腰を入れているようです。 その理由は「大人の事情」ってやつだと思いますが、理由はどうであれ今までの「イベントだらけのパチンコ」が変わろうとしているのは間違いないでしょう。 ただ今回も地域差が大きいのとパチンコ店自身も「どこまでがOKなのか」が解らないようで、当面は状況を見ながらの営業となりそうです。 新台入替と有名人を招いてのイベントはOKなので、これからこの手のイベントが増えてきそうです。 ですが、出したくても「出す!」とは書けないので、こちらが推測しないとダメです。 ガセイベントが減るのは大賛成ですが、結局お客を呼ぶ為の新台入替ばっかりして釘を開けないのであれば同じ事です。 釘に出す意思を感じる店を探しましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.