パチンコ新台入替自粛の影響について考える。

パチンコ新台入替自粛の影響は?

更新:


パチンコ副収入のすすめ

8/7 メンテナンスのお知らせ 8/1 CR乙女フェスティバル9AU スペック修正 6/10 CRロボゲイシャ RUB当りの出玉を別にしました 4/30 ガラケーの方へ

11月に横浜で開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議にあわせパチンコ・スロット新台入替自粛が行われます。 自粛期間は、都道府県によってかなり違うのですが10月1日〜11月末のうち1ヶ月ほどのところが多いようです。 予定では 東京:10月30日〜11月28日 大阪:10月1日〜11月14日  となっているようです。 問題は、入替自粛によってパチンコはどうなるか?です。 個人的には「新台入替がない分、還元される=甘くなる」とは、とても思えないです。 確かにイベントで「入替費用をお客様に還元」などと期待させるようなモノは必ずでてきそうですが、前回の自粛でも「甘かった」印象はありません。 自粛明けには年末に向けての入替と重なる時期なので、ココで大量導入すればちょっと自粛したって同じでしょ・・・・・ってのが私の見方です。 少なくとも「甘いだろう」と考えてイベントに向かうのは、それこそ甘いでしょうね。(笑) 新台入替が無くなる分、違う形のイベントが増えるのは確実だと思うので、その見極めが重要な時期だと考えています。 何を狙っていくか?は難しいですが、私は自粛明けまでは大きく変わらないと考えてますので今までの狙い目通りでいくつもりです。 やっぱり技術介入系強し!!ってとこでしょうか。

Sorry, the comment form is closed at this time.