管理人のパチンコ以外の独り言~命の重みって事が起こってから知るものなのか?

冬のソナタを見て思う・・・・・

更新:


パチンコ副収入のすすめ

11/12 CR悪代官 役物確率を変更可能に! 9/18 CR魔法先生ネギま!スペック修正 8/1 CR乙女フェスティバル9AU スペック修正 4/30 ガラケーの方へ

パチンコに全く関係ない日記なので、パチンコ関連を期待した人・・・ごめんなさい。 また、酔っ払っている&感傷的なので書いている内容も可笑しいかも知れません。 今日は自己中な日記なので、ご容赦お願いします。(関心ない方は、読まないで下さいね) 今、GWでパチンコは休んでいるので「冬のソナタ」を見ています。 人が死ぬTVやDVDを見るたびに思い出す事があります。 数年前に、私の親友の子供が亡くなりました。私の下の子供と同じ年に生まれて、同じように体が大きくて・・・・・そう2歳過ぎまでは、どこにでもある友達同士の親バカな会話でした。 今でも忘れません、夜遅く電話が鳴って「・・・子供が死んだ」って連絡。すぐには意味が分からずに「何言ってねん」・・・・「いや今日、子供が・・・・・」「嘘やろ?冗談やろ?」・・・・・「俺も冗談やったらええけど、こんな事言う訳ないやろ!」「・・・・・・・・・」本当でした。 その日から、私は人が死ぬ事を連想するモノを見るたびに思い出します。 人が死ぬ・・・・・・ごく当たり前の出来事ですが、私は縁の薄い祖母・祖父など自分より年上の、ある意味順番として当然の人しか知りませんでした。どこか当たり前のように感じていて、人が死ぬ本当の部分が分かっていなっかたと思います。 でも今は違います。 20年の付き合いの親友が今まで見せた事のない、絶望と後悔。お葬式で見た奥さんの人とは思えない嗚咽・・・・・・。そして冷たくなった子供のほっぺた。私は死ぬまで忘れないでしょう。 当サイトへ書き込んでいただいている人のサイトでも、「死んでもいいかな」「一緒に・・・」など安易に書いているサイトもあります。「あほか!!!!」どれだけの人が、悲しみ・多くの心の傷を背負って生きていくのか考えろ!自分が自分の意思で死ぬのは自由なのでしょう、でもその自由のお陰で「一生あなたの死を思いながら生きていく人」もいるのです。命は自分だけのモノではありません。あなたを大切に思う人のモノでもあります。絶対に軽く考えたり、今の状況から逃げ出す為に捨ててしまうモノではありません。 私が死んだら、2歳ちょっとで亡くなったR君に、あの世で言ってやろうと思っています。 「親より先に死にやがってバカヤロー」「同じ死ぬにしても突然はないやろう、さよなら言うぐらいさせろや!」 もちろん分かっています、R君が望んだ訳でもない事は。でも残された人達は「もう少し気を付けていれば・・・」「自分の責任」「自分が殺した」とまで考えます。もう少し時間をくれたら・・・・・・・・・・・・。 私が本当に望んでいるのは、「親友が立ち直って新しい人生を進んでくれる事」 そして、R君が生まれ変わって幸せに生きてくれる事です。私があの世に行っても「あれ!いないじゃん、生まれ変わって幸せに暮らしてる」・・・・・・・そんな未来であって欲しいです。 自分の大切な人の死を忘れる方が良いのか、どうかはわかりません。でも忘れられる人っているのですか?人間は忘れる生き物です。生きていた人のぬくもりや声・出来事は時間と共に忘れて(わからなく)なっていきます。でもその人を失った悲しみ・寂しさ・絶望は、絶対に忘れる事はありません。 私がR君に何かしてあげる事は、もうできません。してあげたくても・・・・・・・できません。 生きて下さい。何があっても生きて下さい。お願いです。 もう大切な人を失うのも、悲しむ姿を見るのは・・・・・・・・・・イヤですから。 本当に死にたいと考えている人は、メール下さい。 メール 本当にあなたは死ぬべきなのか?一緒に考えましょう。

コメント


  • 1
    とーる

    パチとは関係無い話ですが、やはりアッシュさんはええ人なんやなと。情が厚く真面目な方やなと思いました。僕にもえらい大事な人を失ってもうた事があって何かそいつの事を思い出してしまいました。
    いつも仕事で上手くいかんかったり、彼女やらとうまい事いかんかったりで嫌になることがありますが死ぬ事は考えた事無いですわ。だって親の悲しむ顔は見たくないですし。


  • 2

    >>1†とーる さん
    私は、ええ人なんかじゃありませんよ。
    アッシュというハンドルネームも前に飼っていた犬の名前です。11年目に死んでしまったのですが、当時は忙しくて散歩に連れて行くのも面倒クサイと思っていたのです。死んでからやっと大切さに気付くバカ者です私は。
    R君の話も、自分の周りで起こらなければ気付かなかった事だと思います。
    結局、当時40前でしたが命がどれだけ大切か、分かっていなかったのですね。亡くしてから気付くバカでした。
    私は元々はズル賢く、上手く自分が得できればいいと考える人間でしたが、中途半端に経験を積んで相手の事を考えるようになってしまいました。これが正しい人の道とも思いませんが、自己中ではいられなくなりました。歳のせいでしょうかねぇ。
    とーる さんも大切な方を亡くされたのですか?
    宗教的には、忘れるのが良い・思い出すのがよいと考えが分かれているようですが、私は忘れられないです。身近な人達には、「忘れて新しい人生を始めて」と思うのですが・・・・・・。
    ただ言えるのは、亡くなったR君や(犬の)アッシュが私に大きな影響を与えたのは事実です。その影響を良い方向へ繋ぎたい気持ちです。


  • 3
    けんけんぷ

    見に詰まされる話ですね。
    僕も子供が生まれた事で生命に対する思いがだんだん変わってきています。
    この子がいなくなる事なんて考えられないし、この子を守るべき僕ら両親がいなくなってしまう事も考えられません。
    そのご友人にも、何らかの形で、その子の生まれ変わりになる様な幸せが訪れる事を切に願います。


  • 4

    >>3†けんけんぷ さん
    ありがとうございます。機会があれば、親友にも伝えておきます。
    (ただ、この話題は気を使うので、いつになるかは不明かも?)
    私も、自分に子供がいなければ感覚は違っていたと思います。
    親になって分かる事も多いですね。
    お子さん・奥様はもちろん、けんけんぷ さんも身体には気を付けて下さいね。


  • 5
    ヨシダ

    考えさせられる話だったので、書き込みするのに少々気が引けたのですが、身近に似たような話があるので拙いながらも少し書かせていただきますね。
    私の子供の頃からの親友の話です。そいつは19の時に自ら命を絶ちました。理由は分かりませんが、周りの友人は自分を責めました。私もその一人です。時が経って、自分も、周りの友人も、ある程度の気持ちの整理がついて、仏壇に線香をあげに行く人も減り、墓の献花もしおれている事が多くなったけど、親だけは今でも自分を責め、後悔し、涙をためて昔の話をしています。何年も、何年も、決して忘れられないものなんですよね。当たり前ですが。
    私はたまにその親友の夢を見ます。夢の中のそいつは昔と変わらなくて、当時は亡骸を見てもどっかで生きているように思っていましたが、今は本当に生きていたらいいなあと少し気持ちが変わってきている自分がいます。時とともにそいつの死を受け入れ、時とともにそいつを忘れていっているようで、とても寂しく感じています。


  • 6

    >>5†ヨシダ さん、書き込みありがとうございます。
    辛い過去ですね。
    私が気軽にコメントできる内容ではありませんが、感じた事を書かせて頂きます。
    人は忘れる生き物です。だからこそ辛い出来事があっても生きていけると思うのです。
    ヨシダ さんが、「時とともに死を受け入れ、忘れていっている」のも自然な事だと思います。またそうでなければ自分が辛いばかりで生きていけないでしょう。
    ですが全てを忘れる事はないと思います。大切な人を失う悲しみ・辛さ・命の大切さ・その人との思い出・・・・それら全てがヨシダさんに今もこれからも影響を与え続けるのではないでしょうか。
    本当に大切なのは、生きていて欲しいと願う事でも、その人の全てを忘れない事でもなくて、その人がいた(生きていた)証として自分が受けた影響をより良い方向へ進める事だと考えています。間違っているかも知れませんが、私はそう考えています。
    ご両親が今なお、ご自身を責め・後悔し・涙するのは本当に辛いです。そして周りの方は、とても辛く悲しいでしょう。
    上記の様に私は考えますが、ご両親にも同じ様に・・・などと間違っても言えないです。
    同じような境遇の方達が集まるHP等があるようです、私の友人は見て良かったと言っていましたので一度訪問されてはどうかと思います。
    いつかご両親にも落ち着く時が来る事をお祈りしています。


コメントを投稿

画像を投稿する (JPG.JPEG,GIF,PNG)