2012年のパチンコを振り返って考えてみる!次の一年へ期待と反省点!

2012年パチンコを振り返って

更新:


パチンコ副収入のすすめ

11/12 CR悪代官 役物確率を変更可能に! 9/18 CR魔法先生ネギま!スペック修正 8/1 CR乙女フェスティバル9AU スペック修正 4/30 ガラケーの方へ

今年も今日で終わります。 当サイトと一年間お付き合い頂きまして、ありがとうございます。 来年も勝つパチンコに役立てる情報公開を目指して頑張ります。 皆様、本年同様にお付き合いよろしくお願い致します。 さて2012年のパチンコを振り返って思うのは「ここまで厳しくなるのか!?」ですね。 今年の前半でもう底を打つだろう・・・・と思ってたのは、甘かったです。 前半は甘デジなどが相当厳しくなっていましたが、MAXタイプなどは比較的甘い調整や開け直しも見かけました。 後半になるとMAXタイプでさえ一部機種で開け直しがタマにある程度となり他の機種では「導入から閉められるだけ」の寒い状況になってしまいました。 その中にあってAKB48は、そこそこの調整が長く続き開け直しも期待できたので「打ちまくった」人も多いのではないか?と思います。 業界で「悪い流れ」と言われている「新台導入で集客&回収」この流れは2012年後半でも続いています。 更に悪い事に 新台導入数は少なくなって来た → 多数導入する余裕がなくなってきた → とにかく回収 の店が増えた印象で、出す余裕が全く感じられないことが増えました。 なんと言っても4円パチンコのお客さんが激減した一年だったです。 とにかく4円パチンコのお客さんを増やす事にパチンコ業界が一丸となって取り組まないとヤバイ!と感じた年でしたね。 規制改正で電チュー賞球1個になった影響は思ったほど出なかった印象です。 全ての機種が1個になっていくのか!?と思いましたが、意外なほど進みませんでした。 私の実践でも結局は「電サポ中の止め打ちによる期待値UP」が中心の台選びとなりましたので、この部分では年初に考えていたほどは変わらなかったと言えそうです。 総括として 1)4円パチンコのお客さんが激減してパチンコ店の経営基盤に問題が出てきている   その為、閉めるだけの営業となっている店が多くなった。 2)技術介入に関しては店側の取り締まりは厳しくなったけれど、新規導入機種でも介入余地はまだまだある こんな感じでしょうか。 おそらく勝つパチンコを実践する人にとって2012年は最も厳しい年だったのでは無いか?と思います。 そのような状況下でも、喰えた自分を「やれる子じゃん」と褒めたい部分もありますが、目先の期待値の為に小さくまとまってしまった一年だったとも思います。 自身の実践結果集計を見ると最も回転単価(1回転あたりの収支)が高いのは、高価交換での甘デジとなっています。 良い時だけ打っているので高いのは当然ですが、甘デジも捨てたもんじゃないですね(笑) 来年の予想や方針は、年が明けてから考えますが「激厳しい」これを感じさせられた一年だったのは間違いないです。 「激厳しい」このなかで喰っていく・・・ 正月休みを堪能しながら考えてみたいと思います。

コメントを投稿

画像を投稿する (JPG.JPEG,GIF,PNG)